沖縄のスイーツについて

定番どころは外せない

沖縄のスイーツと聞いて多くの方が思い浮かべるのがチンスコウやサーターアンダギーではないでしょうか。現地で食べるのはもちろん、持ち運びしやすいのでお土産にも選ばれるスイーツです。
せっかく沖縄現地に来ているので、出来立てホヤホヤのサーターアンダギーを食べずして帰る訳にはいきません。サーターアンダギーは塊状になっているドーナツのようなものなので油で揚げて製造されます。当然揚げた直後は温かさが残っていますし、サクサクの食感を楽しめるのです。
沖縄では数多くのお店があり、会社で運営しているのはもちろん、個人でお店を営んでいるケースも多いです。一口にサーターアンダギーと言ってもお店によって味が異なるので食べ歩きも良いですね。

スイーツはたくさんある!

スイーツはその土地独自の果物が使用されるケースも多いですが、基本的には自由に創作されて美味しければ生き残るものです。なので、一見沖縄とは関係なさそうなジェラートやタルトなどのスイーツ店も多くあり、道行く人を楽しませています。 ただ、やはり旅行で沖縄に来た限りはその土地特有のスイーツを食べたいですよね。紅芋タルトは、沖縄でもジワリと人気が上昇しているスイーツの一つです。紅芋のほんのりとした甘みとタルトがマッチしてとても食べ応えのあるスイーツとなっています。 後はマンゴーを使ったタルトも見逃せません。暖かい地域で育つマンゴーを使ったスイーツはまさに南国ならではです。やや高価な印象のあるマンゴーも地元県産で余計なコストがかかってないので割かしリーズナブルです。