沖縄のお土産について

万人受けする沖縄土産とは?

近年、家の中の不要なものを処分してしまおうという「断捨離」文化が定着している中、旅行のあとに配る土産とは、うまく選ばないと貰った側には喜ばれない恐れがあります。特に小物・雑貨などは、貰った側にとって必要ないものであると一定の期間家に置かれたあと、捨てられてしまうかもしれません。そんな中、無難で確実に喜んでもらえる土産と言えるのが、食べてしまえば形として残らない沖縄のご当地食べ物です。具体的に代表的なものをいくつか挙げると、クッキーやビスケットに近いちんすこう、オールドファッションドーナツに近いサーターアンダギーなどが挙げられます。その他、温度管理には細心の注意を払う必要がありますが、沖縄を代表する海鮮商品・海ぶどうあたりも良いでしょう。

沖縄好きの人に対してのお土産

普段から沖縄に強い憧れをもっているような人に対しては、食べ物以外を贈ってみるのもおすすめです。その中で、部屋に置いた時に場所をとらないものをいくつか挙げるとなると、まずはミニチュアサイズのシーサー(魔除けの像)あたりがおすすめです。続いて、実用性が高くて長く使ってもらえそうなものを挙げると、綺麗な色の琉球ガラス商品のうち、グラスやビールジョッキあたりが喜ばれるでしょう。その他、漁師の間でお守りとして重宝されてきた「ちゅら玉」という定番商品があり、携帯できるお守りとしてペンダントやキーホルダーなどが販売されています。なお、「ちゅら玉」に関しては、宝石のように色々な色があるため、贈る場合は事前に渡す人の好きな人をよく確認しておくことが重要です。